« 「九月大歌舞伎」をみた | トップページ | 「京舞」九月新派公演 をみた »

「狩場の悲劇」をみた

日曜日に引き続き、「ソビエト映画回顧展 05」開催中の三百人劇場にて。

またまた、チェーホフ原作。唯一の長編小説で、美しい娘をめぐって愛と殺人が交錯するサスペンスとのこと。

娘役の女優さんがとっても美しくて いわゆるファムファタルとしての説得力があった。
ただ、出ている俳優たちの演技が全体的にとても淡白なので 殺人事件としてのインパクトが弱い。殺すほど好きだった、ということがわかりにくいからかなぁ。

文芸作のはずなのだが、あまりにも陰影のある映像と、ちょっと変な構図とカメラワークに、そして、挿入されるエキセントリックな音楽シーン、前衛的な作品でもある。

« 「九月大歌舞伎」をみた | トップページ | 「京舞」九月新派公演 をみた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/5959897

この記事へのトラックバック一覧です: 「狩場の悲劇」をみた:

« 「九月大歌舞伎」をみた | トップページ | 「京舞」九月新派公演 をみた »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ