« 「子犬を連れた貴婦人」をみた | トップページ | 「狩場の悲劇」をみた »

「九月大歌舞伎」をみた

昼夜通しで観劇。

とにかく「豊後道成寺」。最近の雀右衛門さんは少々お疲れのようにかんじられたので、大丈夫かと心配していたが、もうそんなの杞憂も良いところ。
シンプルな美術に、雀右衛門さん一人。出てくるだけでものすごい華。本当に美しい。(三階からみたせいもあるか??)
踊りはよくわからないので、ショー的な楽しさでみることが多いんだけど、女の心が伝わってきたような気がして引き込まれた。清元が良く聞こえたせいもあるかも。
特に幕切れ近く、激しい恨みに鐘がみえたような気がした。

ということで、その他はさらりと。
「賀の祝」段四郎さん以外にこういう役を出来る役者はいないのかなぁ。嫌いではないし演技は良いと思うんだけど、台詞があまりにはいっていないのでいつもハラハラしてしまう。毎月出過ぎなのでは?
三組の夫婦の組み合わせが 不思議なかんじがした。
「東海道中膝栗毛」俳優祭みたいなサービス芝居。有名な歌舞伎の台詞や場面がそこここで挿入されるが、一部の歌舞伎ファン以外には、空振りーってかんじ。
歌江さんの芸達者ぶりには 大爆笑。本当によく似ている。
富十郎さんは、コメディーセンスありかも。イノシシが良かった。
「平家蟹」リアルな蟹がコワいはずなんだけど、周りのおばさまたちは大受け。2ブロックは占拠していたような団体さんだった。でも、暗いし、昼の部で疲れていたのか、途中で爆睡して、玉蟲の殺人後に、覚醒した。その後の芝翫さん、恐ろしかった。
あと、オープニングのナレーションとスライドが良かった。
「勧進帳」富樫の富十郎さんが良かった。最近、この芝居では、富樫をみてしまっている気がする。
吉右衛門さんは、ゆったりして大きいんだけど、ちょっと余裕ありすぎなかんじに受け取れた。メイクのせいか三階からだと笑っているようにみえるんだよね。

昼の部で、初めてのお客さんが近くにいて、「賀の祝」でどうして桜丸が死ぬのかわからない、と言っていた。やり方はむずかしいと思うけど、「平家蟹」のような試みはやる価値があるのではないかと思った。
やりすぎると 歌舞伎鑑賞教室になってしまうか。。

« 「子犬を連れた貴婦人」をみた | トップページ | 「狩場の悲劇」をみた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/5959896

この記事へのトラックバック一覧です: 「九月大歌舞伎」をみた:

« 「子犬を連れた貴婦人」をみた | トップページ | 「狩場の悲劇」をみた »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ