« 「狩場の悲劇」をみた | トップページ | 「亡国のイージス」をみた »

「京舞」九月新派公演 をみた

初代水谷八重子 生誕百年記念と、新派ゆかりの人々を偲ぶ公演。
二代目水谷八重子が三世井上八千代、波乃久里子が四世を演じる。

芸への執念を描いているらしい。随所に舞が挿入されて華やかな舞台だった。
でも、水谷八重子が、ただの我がままなお婆さんにみえてしまったのは、老け役を楽しんで演じているようにみえてしまったからか。波乃久里子は、芸に悩む15才の娘を演じてさすがと思った。

途中に、新派との思い出を5分ほど語るゲストコーナがあって、本日は淡路恵子さん。大変きれいなおねえさまだった。
17日に ひいきの片岡仁左衛門が出るが、それだけのためにもう一回観るのはやめることにする。

« 「狩場の悲劇」をみた | トップページ | 「亡国のイージス」をみた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/5959898

この記事へのトラックバック一覧です: 「京舞」九月新派公演 をみた:

« 「狩場の悲劇」をみた | トップページ | 「亡国のイージス」をみた »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ