« 「バルバラ異界 4」をよんだ | トップページ | 映画の日は シネマスロンと思ったが »

「陰陽師 13」をよんだ

夢枕獏の小説をもとにしたということになっているが、もう既に原作とは異なる世界になっている 岡野玲子版『陰陽師』。12巻で終わりだと思って読んでいたら、全く終わる気配がなくて、巻末の13巻完結という宣伝に気が抜けたのは7月。でも、とうとう本当に最終巻だ。

まずは、美しい装丁にうっとりする。そして、厚い。こんなに素晴らしい本を 千円以下で買うことができるとは、と しばし感激。
しかし、ものすごい情報量だ。気合いをいれて一回読んだが、全てを咀嚼するのはムリ。まぁ、気長に再読することにしよう。
岡野玲子さんって、スゴい人だ。既に漫画家の域を越えているのではないだろうか? 

岡野玲子さんのサイトに、美しい原画が載せられていた。

« 「バルバラ異界 4」をよんだ | トップページ | 映画の日は シネマスロンと思ったが »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/6174433

この記事へのトラックバック一覧です: 「陰陽師 13」をよんだ:

« 「バルバラ異界 4」をよんだ | トップページ | 映画の日は シネマスロンと思ったが »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ